血糖値を下げたいなら・・・
糖尿病の方の注文が増えています。健康食ならミールタイム!

糖尿病、腎臓病の難しいメニューにも対応
痛風や高脂血症、メタボリックシンドロームの改善
低カロリー、栄養バランス、味と3拍子そろった健康食で食事のバランスが劇的にかわりますよ。

糖尿病対策メルマガ再編集版

2006年03月25日

危険3倍増!! 年末年始

糖尿病メルマガ「100戦危うからず糖尿病」のブログ版再編集でお送りします。

昨年のクリスマスイヴに発行したものですね。

年末年始の宴会ラッシュの時期です。

うまく乗り越えた人、ダメだった人、反省をかねて読んでみてくださいね。

*********************************************************************

   ☆ 100戦危うからず 糖尿病  ☆  
                   第7号 2005/12/24                        
                     
*********************************************************************
みなさん こんにちは 

今回メルマガ登録していただいたみなさん はじめまして、すぎ です。

第7号クリスマス・イヴ号になります。

12月23日をスタートに私にとって怒涛の2週間が始まります。

忘年会1−クリスマス会−忘年会2−同窓会−新年会1−新年会2−新年会3


とりあえず忘年会1は終了しました。ひとつひとつ健康に楽しく乗り越えて
いきます。


普段会えない親戚や友人と集まるのはどうしても年末年始に集中してしまいます。


私よりも、もっと予定の多い人もきっとおられることでしょう。

このメルマガを読まれている人はがんばって健康に楽しく年末年始をすごしてく
ださい。


くれぐれも暴飲暴食を続けないように・・・



前回は「危険倍増!! 年末年始」でおとどけした内容でしたが

サラリーマン以上に気をつけなければいけない人がいましたので該当する人
は大きな爆弾を抱えている可能性があります。




---------------------------------------------------------------------

第7回:危険3倍増!! 年末年始

---------------------------------------------------------------------

◎敵を知る

会社勤めをしている人間であれば年一回の健康診断を

”強制的”

に受けさせられます。


それによって診断結果がまるで成績表が配られるかのように手渡され
結果の良い人、悪い人、その結果により一喜一憂しています。


この時点ですでにリスクの一つが減っていることになります。


それは診断結果が良かったのか、それとも悪かったのかが
分かることで次の対策が打てるからです。

対策を打つかどうかはその人次第ということになりますが
その判断材料を持っているということです。


ではその判断材料をもっていなければ・・・



会社に勤めていない自営業者や主婦の人

ちゃんと年1回の健康診断を受けていますか?


あなたの奥様やお母様、お父様は健康診断を受けておられますか?

一般的には市などの保険機関が無料で健康診断を実施している自治体
が多いと思います。


しかし!!


それは会社勤めの人間とは違い


”強制ではありません”


そこが問題です。


ここ数年間、健康診断を受けていない人は



ものすごい爆弾を抱えている可能性があります。




この年末年始で爆発しないように・・・



◎己を知る

この年末年始を乗り切ってしっかりと健康診断を受けましょう。

私の妻は市が主催している健康診断を毎年受診しています。
できるだけ私も受診し、会社とあわせて年2回の健康診断をうける
ようにしています。


・自分は健康だから大丈夫・・・

・時間がないから受けにいく暇がない・・・

・健康診断がいつ行われているか知らない・・・

このようなことを言っている人に限って爆弾を抱えていたりするのです。


妻の母親がそうでした。

義父が無理やり病院へ連れて行った時には・・・






血糖値400 → 即入院

ということもありました。
(今は元気です。でも病院嫌いはそのままです)



   
◎100戦危うからず

・健康診断がいつ行われているか知らない・・・

・時間がないから受けにいく暇がない・・・

・自分は健康だから大丈夫・・・


”いつ健康診断しているか知らないなら”
市役所にでも問い合わせれば簡単に答えは見つかります。

普通に病院にいけばいつでも健康診断くらいやってくれます。
もちろん有料ですが。



”時間がないなら”
   ↓
自宅でカンタン、健康チェック!【アルバの郵送検診キット

このような便利なキットも販売されています。



”自分は健康だから大丈夫”

そんなことは関係ありません。
健康でも受診して体の状態を確かめることが大事なのです。




まだ年末まで少ししかありませんが時間は残されています。



自分がどんな爆弾を抱えているかどうかわからないまま



年末年始に突入してしまうのかどうか



選択することが可能です。




正月明けに




ボーンとならないように十分気をつけてください。






”健康に楽しく”を忘れないように・・・ 


                         (ここまで・・・)
  


---------------------------------------------------------------------

編集後記

---------------------------------------------------------------------

最後までメルマガをよんで頂きましてありがとうございます。

私も年末年始の予定を健康に楽しく過ごしていきたいと思いますので

読者のみなさんも注意しながらも楽しんでください。


そして正月明けに元気な体で1年をスタートさせましょう。

1年のスタートが糖尿病発病ではあまりにもさびしいですからね。

(お知らせ)
糖尿病関連ブログが増えました。

まだまだ作りかけといった雰囲気もありますがそれぞれ特徴がありますので
よかったら見て回って比べてください。

---------------------------------------------------------------------
ブログ版「糖尿病戦線!100戦危うからず糖尿病 」
             http://yobigun.main.jp/tounyou/
     
    「糖尿病の予防屋さん:症状、血糖値を改善しよう!」
             http://yobigun.main.jp/yobou/

    「その症状!起きろ糖尿病予備軍」
             http://yobigun.seesaa.net/

お気軽にメールしてください。
ご意見、ご感想をお待ちしております。 yobigun@ko.main.jp


メルマガ解除は   http://www.mag2.com/m/0000173678.html


---------------------------------------------------------------------

年末年始だけでなく、この3月は糖尿病の発症者が増える時期だといわれています。

十分に自分の体調をチェックすることを日々、心がけてください。




















ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(1)

糖尿病対策メルマガ再編集版

2006年02月19日

危険倍増!! 年末年始

みなさん こんにちは 

ここのところブログにアクセスできない日が続いていました。
せっかく当サイトに訪れてくれた方にも大変ご迷惑をおかけしました。
もうすぐSEESAA(このブログを運営しているところ)のメンテナンスも完全に終わると思いますので、それまではガマンしてください。

久し振りのメルマガ再編集版です。コレは昨年の12月に発行した分ですね。
年末年始の気分に戻って読んでみてください。


最近、会社で年一回受けている健康診断の結果が届きました。

私は現役の普通のサラリーマンですので、年一回の健康診断を会社で受けています。

まだまだ「良い結果でした。」といえる状況ではありませんが
(注意マークが2〜3光ってました・・・がっくりです。)

それでも少しづつ良くなっていると感じています。


血糖値の覧を見るときは今でも緊張します。
また境界型に戻っていたら・・・ビクビク


といった感じです。幸い今回も正常値でした。


そんな健康診断結果について私の所属とは違う他部署の上司と話す機会がありました。

この上司=Oさんはちょうど1年前に糖尿病が急激に悪化して1〜2ヶ月入院していた経歴があります。

その時の会話を少し紹介します。


私「Oさん、健康診断の結果どうでした? 
  私は今回も注意マークが残ってしまいましたよ、最悪っすね」 

Oさん「どうせ大した事ないよ、俺なんか 無茶苦茶悪い結果だったよ。
    たぶん会社で1番悪いかも」

私「えっ、退院してから治療は続けているんですよね。 
  かなり良くなったって言ってませんでしたっけ」

Oさん「治療は続けてるよ。毎日薬を飲んでるしね。
    でも最近は検査結果が悪くって・・・
    先月の定期検査でも病院の先生にかなりきつく言われたよ」

私「どうしてそんなに悪くなったんですか?」
 

Oさん「なに!そんなこと知らん!
    自分ではそんなに食べてる気はしてないけど・・・
    宴会のせいかな?
    
    今月の検査も焼肉の次の日。やばいなあ
    またきつく言われるなあ

    今月は宴会が多いんだよ。」


私「実際ヘモグロビンa1cの数値はどれくらいあったんですか?」
    
Oさん「秘密!」


私「私の父は最近は真面目に取り組んでるのと健食なんかでかなり
  下がったって喜んでましたよ。2桁から7〜8になったて」


Oさん「大分よくなってるなあ、まあ、俺は2桁とだけ言っておこう
    それ以上は聞かないでくれ・・・」


私「それって、やばくないですか?」


Oさん「ほっといてくれ、
    宴会があるだからしょうがない」


と、話はここまで、私はここで引き下がりました。

本当はもっと説得したかったのですが会社の上司ですし
これ以上話につっこむと雰囲気が悪くなりそうでしたから


このままの調子だと数年で合併症が発症する可能性が高いのではと
思わざるをえない状況です。


それは私の父と同じような失明の危機や脳梗塞、心筋梗塞、生命の
危機に直に接したときに初めて気が付くことなのかもしれません。



上の会話に本当にたくさん気をつけないといけないポイントがあります。

・退院後は良くなっていた血糖がコントロールできなくなっている

・薬を飲んでいることで治療している気になっている。

・検査結果が悪いことに気が付いているのに対策が打てていない

・医者に怒られることを気にしているが本当に気にするべきは
 自分の体のこと

・自分の体よりも宴会優先




さらに私のようにサラリーマンの方、役職についておられる方は
特に今の時期、最大限注意してほしいこと

もちろんサラリーマン以外の方にも注意してほしいことでもあります。




これを今回のテーマにしようと思います。

これ以外のポイントについては追々紹介していきたいと思います。



----------------------------------------------------------------------

危険倍増!! 年末年始

----------------------------------------------------------------------

◎敵を知る

会社勤めの人間にとっては12月はいろいろなところで

”忘年会”

というものが開かれています。

特に役職というものを背負ってしまうと呼ばれる回数が
どっと増えてしまいます。


さらに追い討ちをかけるようにやってくるのが


”お正月”


一日ゆっくりともちでも食べながらごろごろ

お客さんと一緒に昼から宴会スタート


なんてことも多いですよね。



年末年始の誘惑



つかまらないようにすることができますか?



◎己を知る

すでに糖尿病を発症している人が普通の人と同じ様に宴会に
参加して同じ様に暴飲暴食を繰り返した場合

非常に危険だということは言わなくても分かっていることでしょう。


では糖尿病予備軍の人はどうでしょうか?

糖尿病になりかけていることを自覚しましょう


限りなく糖尿病に近づいている状態で連日の宴会

すい臓にもかなりの負担をかけることでしょう。

そして”運動不足”+”食べすぎ”になりやすいお正月



そんなことをしていると




正月明けには糖尿病の初期症状が出始めているかもしれません。




それは本当に何も気にしなくて過ごせた
最後のお正月かもしれないということです。



◎100戦危うからず

ではどうすればいいのか

サラリーマンがそう簡単に年末の忘年会を欠席するわけにはいきません。

でも

誰でもよく考えれば簡単な答えが見つかります。



宴会に参加しても”暴飲暴食”はしない
これができれば宴会に参加しても何も問題ないわけです。



朝、昼とカロリーを少なめに調整して普通の食事+アルコール少々というような
感じで宴会に参加する。

食べる食材で高カロリーな物を避けて食べる。

そうすればよっぽど糖尿病が悪化していないかぎり問題ありません。


会費分の元を取ろうなんてことは頭の片隅にも置いてはいけないのです。



”その場の雰囲気を楽しむことに集中する。”


それができないのであれば最初から宴会を避けるべきでしょう。


「宴会は欠席できないし、会費分の元を取らないと気が治まらない」
という人は


自分の体と相談してください。








「あと何年もってくれますか?」

                         (ここまで・・・)
  


----------------------------------------------------------------------

編集後記

----------------------------------------------------------------------

最後までメルマガをよんで頂きましてありがとうございます。

ちょっと辛口になってしまったかもしれません。

会社の上司に言いたくても言えなかったことが出てしまいました。

これから迎える年末年始、サラリーマンだけでなく多くの人が忘年会、新年会
という宴会シーズンに突入します。


うまく、楽しく、この誘惑だらけの季節を乗り越えましょう。


* 我が家で風邪が猛威をふるっております。

  みなさんもお気をつけください。

ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0)

糖尿病対策メルマガ再編集版

2006年01月19日

糖尿病で危険倍増、脳梗塞

みなさん こんにちは 

日曜日の夜は あるある:行列:映画 = 7:2:1 くらいの割合で
あるあるを見ていることが多いです。

きっとこのブログを閲覧されているみなさんもあるある派の方が多いのではないでしょうか?

健康情報があるときは要チェックですね。

これは昨年11月の内容なのですが、あるあるでとりあげられていたテーマで


 ”頭痛 ” がありました。


私も時々頭痛がありますのでじっくりとみていました。


そこで


きになった内容があります。


 ” 脳梗塞 (のうこうそく)”



です。


最近では長島重雄さんが倒れられたことでもよくテレビに取り上げられていました。


若いから安心というものでもありません。
西城秀樹さんやミスターチルドレンのボーカル桜井さんもまだまだ若いのに脳梗塞で倒れられたと以前テレビで放送されていました。


すでに糖尿病が発症している方には最大限注意してほしい病気です。


----------------------------------------------------------------------

テーマ:糖尿病で危険倍増、脳梗塞

----------------------------------------------------------------------

◎敵を知る

簡単に脳梗塞の説明をしておきます。

また詳細はブログ記事にしておきますので見にきてください。

脳梗塞は脳内の血管が詰まってしまう脳血栓症(のうけっせんしょう)と脳以外の部分でできた血栓が脳に流れてきて詰まってしまう脳塞栓症(のうそくせんしょう)があります。

主な原因に動脈硬化があります。
糖尿病では全身で動脈硬化が進行しやすいので注意が必要です。

危険因子  :高血圧、糖尿病、加齢、高脂血症、喫煙、肥満、多量飲酒


発作のサイン:めまい、体の片側だけがしびれる、ろれつがまわらない
       

大きな発作が起こると:死亡、半身麻痺、言語障害、運動障害など


◎己を知る

上記にある危険因子に該当項目はありますか?

一つでも該当すればリスクありです。


複数該当すればそれだけ危険度が掛け算で増えていきます。


”若いときからずっと肥満で高血圧、毎日暴飲暴食、たばこも昔からすっていて最近は年齢が高くなったせいもあり体が疲れやすい。
病院で検査を受けてみると糖尿病と診断された”



該当する人はいないですよね・・・



該当している人はきっときちんと治療をはじめられていることでしょう。



治療してますよね・・・


◎100戦危うからず

おそらくは少なからず誰もが一つや二つの危険因子は持っていると思います。

加齢なんて誰もが絶対年をとるわけですからそのうち危険因子になってしま
います。

たくさんの危険因子を持っている人はできるところから一つ一つ減らして
いくしかありません。


糖尿病予備軍の方はまず糖尿病にならないことを目指してください。

糖尿病の方は治療を継続してください。

油断してやめないように(これが大事です。)



わかっていること、

そしてやれること

それは危険因子を減らすことだけなのです。


 

やるか やらないか だけですね。


                         (ここまで・・・)
  

----------------------------------------------------------------------

あとがき

----------------------------------------------------------------------

最後までメルマガをよんで頂きましてありがとうございます。


そして今回 脳梗塞についてでした。

あるあるの頭痛を見ていて脳梗塞については伝えておかないとって思いました。

実は10年以上前ですが私の祖母が脳梗塞で倒れています。

私はまだ学生でしたがその時の体験をみなさんにお知らせした方がいいの
ではと思っています。


まだ私が糖尿病について無知だったころのはなしです。


脳梗塞と糖尿病の危険度がもっと伝えられるかとおもいます。


ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 00:27 | Comment(1) | TrackBack(3)

糖尿病対策メルマガ再編集版

2006年01月08日

低インシュリンダイエットのおいしいところ

みなさん こんにちは 

メールマガジンの読者さんが少しずつですが増加してきました。

少しずつでも読者さんが増えてくるとやる気が違います。

私ももっと良い情報がお伝えできるようにがんばります。


ではここから本題へ


ちょっと前に流行ったダイエットで

”低インシュリンダイエット”

というのがあるのを知っていますか?


「なんだ今日はダイエットの話か」って思わないでください。


注目して欲しいのは”インシュリン”の部分です。


そうです。

糖尿病の話には必ずセットでついてくるインスリンのことです。


そもそも糖尿病はインスリンの量が減ったり効きが悪くなったり
ということが原因で発症しますので


この”低インシュリンダイエット”に何かヒントがあるのではって思いませんか?


私は低インシュリンダイエットをやる気は全くありません。


ヒントがあると言っておいて”全くやる気がない”ってどういうことだって怒られそうですが


低インシュリンダイエットそのものをやるとなかなか大変です。
でも低インシュリンダイエットの中で自分に都合のいい部分は


いただいてもいいのではないでしょうか?


自分に都合がいいはちょっと表現が悪かったかもしれません。


”糖尿病治療”又は予備軍の方の”糖尿病予防”


に都合がいい部分はいただきましょう!!


っていうのが今回のテーマです。


----------------------------------------------------------------------

低インシュリンダイエットのおいしいところ

----------------------------------------------------------------------

◎敵を知る

低インシュリンダイエットは食品のGI値(グリセミック・インデックス値)というのが基本になっています。


食べ物を食べたあと食べ物が消化されて栄養が吸収されていきます。


その時、血糖値がぐーんと上がってくるのですが食べた物によって上がり具合が違います。


GI値はブドウ糖をとった時の血糖値の上昇率を100として考え白米なら85、食パンなら91といったように血糖値の上昇率を数値にしたものです。


ここで知っておきたいのがGI値の低い食品は何かということです。


例えば

白米が85に対して玄米が55 
食パン91に対して全粒粉パン50


などがあります。


最初に”低インシュリンダイエットをやる気がない”といったことについてですが低インシュリンダイエットでは

カロリーについてはあまり気にしていない部分があります。

それが低インシュリンダイエットの”いいところ”なのかもしれませんが


ダイエットを目的としているだけならいいかもしれません。


でも糖尿病予防を前提に考えた場合、カロリーは無視できませんし栄養のバランスをとるためにもGI値の低いものだけ選んで食べるわけにもいきません。


だから低インシュリン”ダイエット”はやらないのです。



◎己を知る

YAHOOやgoogleで”低インシュリンダイエット”で検索してみてると
色々なサイトで食品のGI値を紹介しています。


あなたが普段食べている物のGI値は高いですか?

それとも低いですか?


糖尿病の治療は血糖値が高くならないようにコントロールしていくものです。

食事療法、運動療法、薬物療法、全て血糖値を良好な状態でコントロールするために行います。


血糖値ががんがん上がってくるものばかり食べているとすい臓も疲れがたまるのかもしれません。


高くなった血糖値を下げる為にせっせとインスリンを分泌しないといけませんから・・・



糖尿病はインスリンの分泌量が減ったり効きが悪くなっておこる病気だということを忘れてはいけません。



◎100戦危うからず

前回のテーマでカツ丼セットの話をしましたが

もしカツ丼にセットで付くのがうどんかそばを選べるとしたらどちらを選ぶでしょう。

もちろんうどんが好きで食べたければうどんを選ぶでしょうし、そばの気分ならそばを選ぶでしょう。


ではうどんのGI値が85でそばのGI値が54だということを知っていたらどちらを選んだでしょうか?


どっちでもいいやと思っている人ならそばにしようかなと思うかもしれません。


GI値の低い食品を知っているということが食事の選択を決定することもあるということです。


そして普段からGI値の低い食品を選んでいればすい臓への負担は少しは緩和できているかもしれません。


ここで注意してほしいのは現在糖尿病で薬物療法をされている方です。

急に食品を低GI値のものに替えるのは糖尿病治療に影響がでる可能性があります。

そういう人は担当の先生に相談してからにしてください。



私は普段の食事でGI値はあまり気にしていないのですが一つだけ糖尿病予防の観点から替えた食品があります。


それはお米です。


白米から玄米に替えました。


玄米はGI値も低いですが白米に比べて健康効果が多いので思い切って替えちゃいました。



慣れてくるとなかなかおいしいですよ。



玄米食について家族の協力が得られる方は一度お試しあれ



ん、ヒントになったかな・・・
 

                    (ここまで・・・)



----------------------------------------------------------------------

あとがき

----------------------------------------------------------------------

最後までよんで頂きましてありがとうございます。

低インシュリンダイエットの話はどうだったでしょうか?

今年の目標でもありますので、もっと文章がうまくなるようにがんばります。


最後の方に書きましたが玄米は楽天市場で購入しています。
スーパーには玄米はあまりおいてませんから


私の購入しているお店を知りたい人はコメントでもメールでもOKなのでしてください。
その時、お店を紹介します。

スーパーの特価品よりは少し値段は高いですが
玄米を買うならおすすめですよ。


ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(2)

糖尿病対策メルマガ再編集版

2006年01月04日

カツ丼セットは本当に得なのか? 糖尿病編

 

今回はちょっと前回までの合併症の恐怖とは違ったテーマでいきたいと思います。


さて、先日家族でショッピングセンターへ買い物へ出かけた時なのですがお昼ごはんは何にしようかなとお店を探していました。


その時目に飛び込んできたものは


     ”ランチサービス!!”


 カツ丼セット 750円 カツ丼 、うどん付き

   


なんと私の大好きなカツ丼がうどん付きで通常価格950円が750円で200円もお得ではないか・・・・






って以前の私なら思ってました。


今でもカツ丼は大好きですし、うどんもすきです。



でも今は違う考えも浮かんできます。


そこで今回のテーマです。


----------------------------------------------------------------------

カツ丼セットは本当に得なのか? 糖尿病編

----------------------------------------------------------------------

◎敵を知る

大好きなカツ丼を敵にしてしまっていいのだろうかなどと考えつつ

金額的には確かにお得ですね。ランチサービスは


でもここで知っていて欲しいことがあります。


それは


カツ丼のカロリー  です。


もちろんお店によってごはんやとんかつ、衣の量などぜんぜん違いますが

細かいことは気にしないでざっくりいきますとだいたい800kcalくらいあるとみて間違いありません。

もっと多い店もたくさんあると思います。


そして、うどんのカロリー

こちらも中に入っている具にもよりますが500kcal あるとしましょう。


うどんで500kcalは多いだろうと思われる方もいるかもしれませんが

外食の場合は家で食べる場合の1割から2割はカロリーが高いとみておい

た方がいいでしょう。

具によってかなりカロリーは変わりますけど・・・


カツ丼セットでランチに1300kcal ということになります。



そして食後にコーヒー 砂糖はいれますか?



デザートは ケーキ?  アイス?



ショッピングセンターなどは誘惑が多いので気をつけましょう


みなさんがよく外食で食べるもののカロリーがどれくらいなのか調べてみてください。


こちらのサイトでも調べられて便利です。(参考程度に知っておくといいです。)
http://homepage2.nifty.com/WM/calorie/cal_ctl.htm



◎己を知る

ここで重要なのが自分の1日に摂取する総カロリーは何kcalかということです。


1日5000kcal食べてもいいよという人がいればカツ丼セットだけでは足らないでしょう。


逆に1日1000kcalの人がカツ丼セットを食べてしまうと一回でオーバーです。


まずは自分の1日に摂取できる総カロリーを知りましょう。

下記のサイトが便利です。(数値はあくまで参考ですよ)

http://www.infoaomori.ne.jp/~sekiai/dm-page/dm11.html


ちょっと計算してみてください。



計算しましたか?




その数字をしっかりと覚えておいてください。



◎100戦危うからず
 
みなさんが好きな食べ物のカロリーを知っていて自分が摂取できるカロリー量も知っている。


するとなかなかカツ丼セットが食べられなくなってくるんです。


食べてしまうこともあります。


食後に思います。




「ああ、セットで食べちゃったなあ」

夕食は軽めにしようかな・・・

次、来た時はカツ丼+サラダにしようかな・・・



まだ糖尿病になっていないのであれば

それでいいのではないかと思います。



その意識を持ち続けることができれば

少しづつ食べるものに変化が出てきます。



すでに糖尿病の方はダメですよ。
食べちゃったなあは危険ですから



知らなかったら何も気が付きません。


知っていることは武器なのです。


たくさん武器を手に入れて

そして最後には勝利しましょう。





最近はコンビニ弁当を買う時も金額より先にカロリー表示を見てしまいます。

                    (ここまで・・・)



----------------------------------------------------------------------

あとがき

----------------------------------------------------------------------

最後までよんで頂きましてありがとうございます。

カロリーの話はどうだったでしょうか?


おもしろくないかもしれないですが、これは私が糖尿病予備軍から脱出できた大きな要因の一つでもあります。


大好物のカロリー調べやってみてください。
なかなかおすすめですよ。



自分を変える第一歩になるかもしれませんから・・・




ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0)

糖尿病対策メルマガ再編集版

2005年12月26日

糖尿病の合併症:神経障害ってどんな症状?

さて、前回は緑内障ということで目についての内容でした。


自分の目の状態は大丈夫ですか?

大丈夫 ・・・ ですよね。


では前回に
「糖尿病患者は緑内障に限らずほとんど全ての病気に対して治療が遅れやすい」


と書いたことについて今回のテーマにしたいと思います。

すでに糖尿病が発病している方はすぐに”ピン”とこられたことでしょう。


予備軍の方はこの機会に覚えておきましょう


----------------------------------------------------------------------

第二回:神経障害ってどんな症状?

----------------------------------------------------------------------

◎敵を知る

糖尿病患者がよく発症する合併症で糖尿病性神経障害があります。


糖尿病性神経障害  この文字からどんな病気か判断できますか?

糖尿病により神経が障害をうける病気




・・・そのままですね





でもこれが糖尿病患者にとって本当にやっかいなのです。


では、簡単に説明します。


・糖尿病性神経障害

糖尿病による血液の高血糖状態が末梢神経の伝達作用に障害をおこし

手足のしびれ、痛み、立ちくらみ、内臓の不具合など全身にさまざま

な症状をもたらします。


これだけであれば、大した病気には思えないかもしれませんがこれが
進行した場合


絶えず激しい痛みがはしったり、完全に神経が麻痺して痛みを感じなく
なったりします。


ここが重要です。


体のいろいろな部分で痛みに対する感覚が麻痺します。


つまり、前回の緑内障でいえば通常であれば目に激痛が走ってあわてて病院へ駆け込むような症状がでていたとしても、糖尿病性神経障害が発症していて目の痛覚が麻痺しているので気が付かないということがおこります。


眼球内で大出血をおこしたり、実際視力が著しく低下して、気が付いた時には

病気の進行をとめられないところまできている・・・


神経が痛みを伝えないので突然死もありえる恐ろしい病気です。


 *詳しくはもう一つのブログの方に書くようにしますので後ほど見に来てください。
  http://yobigun.main.jp/tounyou/


危ない病気だということがわかっていただけましたでしょうか?



手足のしびれなどの軽い症状は糖尿病初期の段階からよくみられます。


そこで放置すると・・・


気が付いたら痛みや痺れる感じがなくなっているかもしれません。



それが何を意味しているかはもう分かっていますよね。



◎己を知る

糖尿病の全ての症状に共通するのですが基本的な血糖のコントロールはできていますか?


手足がしびれていませんか?


痛みや熱さ、冷たさに対して反応が鈍感になっていませんか?


◎100戦危うからず
 
神経障害は糖尿病以外のことが原因になっていることも多く、
自分勝手な判断は危険です。

しびれなどの症状がある場合は神経障害の検査を受けてみましょう。

早期であれば回復も見込めます。


神経障害は内臓であったり足の先であったりといったように体全体でおこります。


体全体いたるところでおこります。


ということは




体のどの部分を治療することになるかわかりませんので

HOME(かかりつけ)の総合病院はちゃんと選んで決めておきましょう。

治療する部分で病院が変わると大変ですよ。


                    (ここまで・・・)



----------------------------------------------------------------------

あとがき

----------------------------------------------------------------------

最後までよんで頂きましてありがとうございます。

第二回の内容はどうだったでしょうか?

病気がテーマの時はできるだけ病気の怖い部分だけ伝えようとしているのです
が伝わっていますでしょうか?


そういえば私の父も糖尿病が悪化するかなり前、おそらく10年以上前から腕
がしびれると言ってたような気がします。


今思えば、ほとんど放置に近かったですね。


みなさんは気をつけてくださいね。



ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(1)

糖尿病対策メルマガ再編集版

2005年12月20日

糖尿病と緑内障(りょくないしょう)

それでは早速、無知を一つ減らしていきましょう。

----------------------------------------------------------------------

緑内障って知ってますか?

----------------------------------------------------------------------

◎敵を知る

緑内障(りょくないしょう)って見ただけですぐにどんな病気か、どんな症状
が出てどのような治療法があるのか分かった方はしっかりと前向きに糖尿病と
向き合っておれれる方だと思います。


目の病気かな?とか聞いた事ないな とかでは勉強不足です。

せっかくの機会なので覚えておいてください。

・緑内障
 高眼圧(眼球内の液体が何らかの原因でつまり眼球内の圧力が高まった状態)
 により視神経が障害をうけ視力の低下、視野の欠落がおき治療がおくれると
 失明にいたる病気
 
 一度障害を受けた視神経を元に戻すことは現在は不可能です。
 失った視力は治療しても戻ることはありません。
 
 そのため早期発見、早期治療が重要な病気
 
 糖尿病患者が発症しやすい緑内障に血管新生緑内障というのがあります。
 
 *詳しくは私のブログの方に書いておきますので後ほど見に来てください。
  http://yobigun.main.jp/tounyou/



簡単に書きましたが治療が遅れると失明してしまうのです。




そして・・・

糖尿病患者は緑内障に限らずほとんど全ての病気に対して治療が遅れやすい
のです。

そのことについては次回以降で紹介していきます。


◎己を知る

では、あなたの目の状態は大丈夫ですか? 

視力の低下、視野の欠落はありませんか?

眼圧は正常ですか?

最近眼科の検診はうけられましたか?


自分の目の状態を知っておきましょう。


◎100戦危うからず
 
知っているからこそ対策がうてるのです。


すでに糖尿病の治療を行って、血糖値のコントロールがうまくいっている方
でも必ず定期的に検診をうけましょう。

予備軍の方でも年一回は受けたほうがいいでしょう。


血糖のコントロールができているから安心というわけではありません。

コントロールできていない人はなおさらです。







失明しては文字通りお先真っ暗です。


                    (ここまで・・・)




----------------------------------------------------------------------

あとがき

----------------------------------------------------------------------

今回テーマに緑内障をもってきたのには理由があります。

それは私の父が緑内障で失明しかけたからです。

数回の手術でなんとか進行をくいとめているのがやっとです。

ずっと糖尿病治療を続けていたにもかかわらず眼球内に出血がおこるまで眼圧が
異常に高まっているのに気が付きませんでした。

もし出血よりも先に視神経が大きな障害をうけていたら失明していたでしょう。

もちろん今も失明リスクをかかえたままです。



みなさんはそうならないように・・・






糖尿病に関する情報サイトも同時に立ち上げていきますので、どしどし見にきてください。

糖尿病情報サイト「糖尿病戦線!100戦危うからず糖尿病 」 http://yobigun.main.jp/tounyou/


ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0)

糖尿病対策メルマガ再編集版

糖尿病:敵を知り己を知れば百戦危うからず

私には身近な家族に糖尿病患者がいます。

つらい闘病生活です。

糖尿病と患者、家族の闘いです。


予備軍を含めこれから糖尿病と向き合っていかなければならない人の
ほんの少しのお手伝いができればとメールマガジンを発行することにしました。
「100戦危うからず糖尿病」


---------------------------------------------------------------------

テーマ:「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

---------------------------------------------------------------------

最初にメルマガのタイトルについて書いておきます。

メルマガのタイトルは「敵を知り己を知れば百戦危うからず」から頂戴しま
した。


これは中国の孫子の有名な言葉です。

敵=”糖尿病”を知り、己=”自分の体”を知れば百戦=”糖尿病との闘い”
は危うからず=”負けることはない”

という思いでこのタイトルにしたのです。


現在、糖尿病と糖尿病予備軍の患者数をあわせると1600万人以上という
統計がでています。
実に成人の6人に1人の割合で糖尿病か予備軍だということです。

いったい何故これほど多くの人が糖尿病にかかってしまうのでしょうか?

みなさんはどう思われますか?



私は原因の一つに糖尿病に対して”無知”であることが挙げられるのではないかと考えています。

そして、毎年1回の健康診断を受けていなかったり診断結果を確認しないこと
または、行動しないこと、自分の体に対しての”無知”がもう一つ



この2つの”無知”を知ることが糖尿病に勝つことにつながるのではないでしょうか?





ブログランキングに挑戦してます。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
ブログランキングネット
ブログトップ
posted by すぎ at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。